スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやめの 更新

今日は雨の中バイト
雨バイトだと思い出すこと・・・それは

「うちのお父さんとそっくりなんです!写真撮ってください!」
と言われたこと・・・
あれは奥さんと息子さんだったんだよな・・・
息子さん(5歳くらい?)も俺のこと平気だったっぽいし
声掛けてきたの奥さんのほうだったし
マジで似てたんだろうな・・・

そういやそんなバイト先で今日
「LOLITA」さんがいた
ヒスパニック系のGAIJINだった
oh・・・

今日も疲れた

また偽トラバがあったのでキャプチャー

さむいねーきみたち。トラックバックテーマ担当でもなんでもないpleyamaです!
今回のテーマは「どんな時に自分がオタクに感じる?」です。

えーマジオタクじゃない?オタクじゃない「」が許されるのは小学生までよねー!キャハハ!
そんな「」が、「自分ってオタクだなぁ…」としみじみ感じてしまう時はどんなシチュでしょう?

pleyamaは、最近手を出しそうで出してないフィギュアのレビュー記事を読んでしまったり、アニメとかえろげーでローリンしてしまった時とかニヤ…っとしてしまったトキにオタクと感じます。

ってなわけで今回は自分がオタクと感じる時についてです。
Trackback theme No. 0x07「どんな時に自分がオタクに感じる?」



いやもう生きている限り一挙手一投足がオタクだよ俺
付き合いが浅い人は俺のことを切れ者だとか落ち着いてるとか大人とか言うけど
そんなわけねーから!そうだったらもっとマシな人生送ってるから!

とは言ったものの別に好きなものを好き勝手にやってるだけだから
オタクどうこうってあんまり考えたこと無いな
何かもっと好きなもの見つけたらそれ一辺倒になる気がしないでもない
そういう時はそういう時でナントカオタクってなるんだろうけど

つまりどういうことかというと
別にオタクとか感じない
って事だ(事実関係はこの際関係ないはずなので

好きなものを好きなときに好き勝手にやるだけだ
すきすきー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。