スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超電王&仮面ライダーディケイド 鬼ヶ島の戦艦

見てきたー

ネタバレ無しで感想

・子役が軽くウザ(ry
・ディケイド空気
・ディエンドは何しに出てきたの?
・あれ?アームズモンスターの方が・・・
・一番盛り上がるのはスタッフロールの後とディケイドの映画予告
・すごく・・・電王です
・シリーズ最大級のCGの出来
・コハナちゃんかわいい!

全体を見ればいつもの電王
ギャグ主体でノリで敵倒す感じ

ただ個人的には「えー」と思ってしまうような部分までギャグで処理してるのが気になった
敵側の戦う理由が薄いせいか扱いも悪いのかな
ガオウとか幽汽に及ばない感じ
まぁ何言っても結局電王なんですけどね
「電王だから」という一種のジャンルになってる気がする

以下ネタバレありで感想(?)

さら電が野上の話なら、今回は桜井の話になってました
子供が少し強くなる話という電王の基本コンセプトを100分にしたためか
敵側はやっつけてる部分も無きにしも非ずか・・・
柳沢慎吾だから期待しすぎたのかなー
あと「ライダー扱い」なんだなーと思った
ガオウとか幽汽みたいな電王スタイルの変身じゃなかったからモンスター枠なのかと思ってた

んで、どうなのと思ったのはデンライナーをゴルドラに奪われそうになる部分
えーそんなギャグで処理しちゃうのー!?と思った
いや面白いんだけどなんてぞんざいな・・・

でもCG戦艦はかつて無いほどに豪華でした
超てんこもりは高岩アワーだし
俺の“超”必殺技!も凄くいいと思う
ただやっぱ全フォーム揃い踏みを見た後だと惜しいかなぁ
New電王ベガフォームもかなりいきなり出てくるから
テディは空気


いやしかし味方側はみんな素晴らしいほどにキャラがぶれないですね
そこが電王の魅力でもあると思う
コハナちゃんはまずます武闘派になってる気がしないでもないが
最後の最後で出てくる侑斗もまんま侑斗で
中村優一さすがじゃん!と思ったよ

8/8のディケイド映画も楽しみですね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。