スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画見た

「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」見た
いやぁ・・・これは名作と呼んで憚りないんではなかろうか

星条旗の方はプロパガンダの裏側、友のために戦い友情に死ぬ海兵隊
硫黄島の方はWar Heroなんていない、生きるため戦い信じる正義のため死ぬ帝国軍人

ただドンパチやったりただヒューマニズム垂れ流したりしないイーストウッド凄すぎる・・・
硫黄島の方ではなんだよジャニドル使ってんじゃねーよとか思ったけど
最後には嵐の二宮演じる西郷の行動に共感しラストシーンで泣いた
マジで

見ていただきたいのでネタバレしない


最初はWaWで声当ててる俳優が出るって言うから見ただけだったんだけどねー
実際インカミーングだのグレネィドだのキープなんとかかんとかだのまんま聞こえてきたし
日本兵側も手榴弾だ!とかイヨォォシ!の人の声だのがすっかり聞こえてきた
でも映画の中身が素晴らしくて途中からどうでも良くなったのだわー
WaWも出来いいけどヒロイックな戦争だからなー
映画は両方とも独特の戦争観と戦争感だった
うーんDVD買おうかな
それにしても、例のあのセリフを臆面もなく言わすイーストウッドは本当に凄い
今ならただ口に出すだけでも奇異の目で見られ叩かれるであろうあのセリフ
メディアでは絶対に言えないし流せないだろうな・・・
でも万感の思いを込められて発せられるあのセリフはやっぱり来るものがあるなぁ

あ、でも「TOJO」は無かった・・・と思う
まぁとにかく非常に良い映画でした
硫黄島は特にオススメ・・・いや俺は名作だと思うけどオススメはしない
見るなら星条旗も一緒にね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。